キャバクラのボーイに向いている人・向いていない人の特徴

キャバクラのボーイは向き・不向きがある

ボーイの仕事は高収入を目指せる仕事ですが、向いている方もいれば、逆にそうでない方もいます。
すぐ辞めてしまっては意味がありませんので、自分が向いているかどうか判断してみると良いでしょう。

女好きな人はキャバクラのボーイに向いている

女性が好きな方はキャバクラのボーイ向きと言えます。
疑問が浮かぶかもしれませんが、ボーイにとって大切な仕事の一つにキャバ嬢のケアがあるからです。

キャバクラの売上を左右するのはキャバ嬢であり、ボーイはそれをサポートする役割があります。
しかし、キャバ嬢のコンディションが悪いと売上が落ちることに繋がります。
そのため、女性好きや扱いが上手な人はボーイ向きなのです。

接客や人との関わりが得意な人はボーイに向いている

接客が得意な方はボーイに向いています。
ボーイの仕事は多岐にわたりますが、お客様の接客もこなすため、逆に接客が苦手な方は不向きです。

また、キャバ嬢を始めとするキャストとのコミュニケーションが求められますので、人と関わることが得意な方もボーイに適しています。

プライドが高い人はボーイに向いていない

一方で、プライドが高い方はボーイ向きとは言えないでしょう。
キャバクラは少し特殊なお店で、あくまでボーイは裏方であり、上下関係では最も下に位置します。
キャバ嬢の上に立つことはありませんし、上司の言うことは絶対です。

時には理不尽な要求もされたりキャバ嬢に使われたりしますので、プライドが高いと仕事に大きな支障をきたすおそれがあります。
キャバ嬢のご機嫌を損ねてしまうリスクもあるため、プライトが高い方はボーイとして働くのが非常に難しいでしょう。
仮に採用されても、すぐ辞めてしまう可能性が高いと考えられます。

途中ですぐ投げ出す人はボーイに向いていない

ボーイは厳しい下積みがあり、日々様々な雑務をこなします。
妥協が許されない場面も少なくありませんので、途中で投げ出す癖がある方はボーイ向きと言えません。
もし嫌な仕事を押し付けられても、責任を持ってやり遂げる必要があります。
そのため、何があっても耐えられる精神的なタフさも求められるでしょう。

向いているなら働いてみよう

ボーイの仕事は向き・不向きが大きく分かれる仕事です。
働く前には、自分がボーイ向きか否か慎重に考える必要があります。

もし女性が好きで接客・コミュニケーションに長けるならボーイ向きです。
ぜひ面接を受けてみてはいかがでしょうか?