世の中うまい話はない!キャバクラの店長も苦労する

ボーイもキャバクラの店長も楽して稼げるわけではない

ナイトワークは比較的収入が高い仕事と言われますが、必ずしもそうであるとは限りません。
ボーイはもちろん、キャバクラの店長に関しても、本当に稼げる方というのはほんの一部なのです。

キャバクラの店長などは楽して稼げる、と考えている方も少なくはないでしょう。
しかし、楽に稼げるほど甘い世界ではありません。

キャバクラはライバルが多く、店長まで昇進できるのはごく一部のボーイであり、毎月しっかり稼いでいる店長となると更に少なくなります。
楽に稼げるほど甘くありませんので、本気で高収入を目指すなら覚悟が必要です。

学歴や職歴が関係ない分、間口は広い

キャバクラのボーイは学歴・職歴いっさい関係なく働けます。
基本的に誰でもボーイになれる分、間口は広いと言っても良いでしょう。
そう考えると、気軽に始められる仕事と言えますが、裏を返せばライバルが多いことにも繋がるのです。

ただし、ボーイの仕事は非常に厳しく、最初の頃の給料は他のバイトと変わりません。
そのため給料に見合わないと感じて辞める方も多く、気づいたら同期や先輩がほとんど居なくなっているパターンもあります。
自分自身が割に合わないと思い、ボーイを辞める可能性も捨てきれないでしょう。

昇進そのものは非常に早い

辞めてしまうボーイも多いのですが、昇進ペースはとても早いのがキャバクラです。
例えば入店から数ヶ月でマネージャーへと昇進し、1年弱で店長まで上り詰めるボーイも少なくはありません。
キャバクラでは、こうしたケースが一般的であり、数年勤めなくても店長まで昇進することは可能なのです。

金持ちになれるのは一握りな世界

入店からわずか1年でお店そのものを任されることは珍しくありませんが、稼げるかどうかは話が別です。
キャバクラの店長の給料は、月給30~40万円のお店も多い一方で、毎月100万円以上を得ている店長も中にはいます。
仮に月給100万円なら、年収で1,200万円ですから、数年頑張れば相当な財を築けるでしょう。

しかし、ここまで稼げる店長は一握りです。
売れないお店の店長は給料も安いですし、仮に人気店の店長を任されたとしても、売上が落ちてきたら降格処分を受ける可能性があります。
ボーイの頃よりは給料も上がりますが、金持ちを目指すならば相応の実力が求められます。

店長もボーイとして苦労した過去がある場合が多い

短期間で店長へ昇進するボーイも多いですが、ほとんどの方が過去に苦労した経験があります。
ほぼ全ての方が厳しい下積みを経験しており、上下関係の厳しい世界で揉まれ、それを乗り越えて店長の座を勝ち取っているのです。

楽に店長へ昇進できるパターンはありません。
誰もが必ず一度は苦労を経験し、それでもめげずに仕事を続けたから店長になれるのです。
ボーイの下積み時代は様々な経験をすることになりますが、それを糧にして店長を目指す必要があります。

一つの店を請け負う責任は大きい

店長はお店を一つ丸ごと任されます。
キャバクラの業務全てを担うことになりますので、その責任は非常に大きいのです。
プレッシャーに押し潰されるリスクもありますが、それだけの覚悟がなければキャバクラの店長は務まらないでしょう。
店長へ昇進した後は、今まで以上に仕事へ責任感を持って取り組むことが大切です。