【キャバクラの店長向け】頼れる店長になるための心得

頼れる店長であることはキャバクラの存続に繋がる

キャバクラの店長は、お店にとっての大黒柱的存在です。
スタッフ全員を取りまとめるだけでなく、店長の采配一つが売上やリピート率にも大きな影響を与えます。
頼りになる店長であればキャバクラは長く存続し、かつしっかり売上を取れるお店へと成長します。
逆に言えば、頼りにならない店長だとお店は長く続かず、最悪降格処分となるおそれもあります。

ダメ店長の周りからは人が離れていく

ダメな店長はお店を潰す可能性すらありますが、それは人がどんどんと離れていってしまうためです。
店長が頼りにならないとキャストがお店を辞めてしまいますし、ボーイなどのスタッフも離れてしまうでしょう。

特にキャストはお店の売上を左右しますから、離れてしまうと当然お客様も来なくなってしまいます。
店長が頼りにならないと、お店がこうした悪循環へおちいるのです。

リーダーシップ・決断力が大事

頼れる店長に必要なことは様々ありますが、欠かせないのがリーダーシップです。
店長はお店で頂点に立つ存在ですから、リーダーシップが無ければスタッフも離れていきます。
皆を引っ張っていくとともに、お店を統率できなければいけないのです。

また、決断力も求められます。
店長という役職は、常に決断の連続と言っても過言ではありません。
例えばお店が忙しい時は、どこへフォローへ回るか決断が必要ですし、もしボーイが迷惑客の対応で困っている時は、どう対処するか判断を迫られるでしょう。

店長はリーダーシップを発揮し、かつ常に決断しなくてはいけませんから、経験が物を言う役職です。
今までの経験を活かすとともに、常に新しい経験を吸収する気持ちで仕事を行う必要があります。

キャスト・ボーイ・お客さん全員から慕われることを心がける

また、店長はコミュニケーション力が欠かせない役職です。
頼りになるかどうかを判断するのは自分ではありません。
キャバクラで働くスタッフです。

スタッフだけでなくお客さんからの信頼も欠かせないでしょう。
リピート率に影響しますので、お客さんからも慕われる店長を目指すことが大切です。

スタッフへの気配りを忘れてはいけない

頼れる店長になるには信頼関係の構築が必須となります。
毎日スタッフへの気配りを欠かさないようにしましょう。
しっかり挨拶を行い、時には労いの言葉を掛けることが信頼関係の構築に繋がります。
基本的なことですが、これができなければスタッフとのコミュニケーションが疎かになってしまうでしょう。

店長次第でキャバクラの売上も変わる

キャバクラの売上は店長次第で変わります。
ダメな店長のお店はキャストもやる気が出ず、売上もサッパリ上がりません。
逆に頼れる店長のお店なら、キャストやスタッフも安心して働けます。

当然お客様も安心して来店できますから、お店の売上げアップに繋がります。
ぜひ頼れる店長を目指し、日々切磋琢磨していきましょう。