ボーイから昇格!キャバクラのマネージャーの仕事内容と苦労

キャバクラで担当のキャストを持っているのがマネージャー

キャバクラでボーイとしてしばらく働くと、複数人のキャストの担当を任せられる場合があります。
マネージャーと呼ばれている役職で、数人から十数人程度のキャストを受け持ちます。
お店の規模にもよりますが、キャバクラには必ずマネージャーが在籍しています。
お店で働いているキャストは普段マネージャーとやり取りを行っています。
キャストが働きやすいよう、それをフォローするのがマネージャーの役目です。

マネージャーの仕事内容

マネージャーの仕事は多岐にわたります。
ただし、マネジメント業務が大半を占めており、ボーイのような雑務を行うことはほとんどありません。

・出勤状況の確認と調節
・新人の指導や教育
・キャストと一緒に売上目標を策定
・キャストのフォロー

主に上記のような役割を担いますが、そのほとんどがキャストに関連するものです。
ボーイの頃と比べ、コミュニケーション力が求められるでしょう。

出勤状況の確認

マネージャーの重要な業務がキャストの出勤チェックです。
担当キャストの出勤日を調節し、当日は出勤時間の連絡や同伴の有無を確認します。
これらをチェックして各キャストへ連絡し、店長などに対して報告を行います。

新人の接客・営業指導

入店して間もない新人キャストは右も左も分かりません。
そんな新人に対して接客の指導教育を行うのもマネージャーの役割です。

まずは基本から教え、徐々にコツを伝授していきます。
ただし、自分が接客に詳しくなければ教えることすらままならないでしょう。

売上目標の作成

各キャストの売上の目標を立てる役割も担います。
一方的な目標を設定させるのではなく、担当キャストの意向を反映させることが大切です。
キャストの希望売上を聞き、それに合わせた1日ごとの売上目標や指名の目標を立案します。

メンタルのケアやフォロー

キャストは1日に何時間も働きます。
仕事で疲れたり、ストレスが溜まったりすることも珍しくありません。
そうしたキャストに対し、ケアやフォローもマネージャーが行います。
時にはキャストの相談に乗り、解決に向けたアドバイスを行うなど、気持ちよく働けるようにサポートするのも大切な仕事です。

キャストのケアやフォローを常に行うので、苦労もある

マネージャーは担当キャストの出勤状況チェックから売上目標作成、更にメンタル面のケアまで、幅広い役目をこなします。
自身が疲れていたとしても、常にキャストのことを第一に考えなくてはいけません。

しかし中には一癖も二癖もあるキャストがいるため、手を焼かされることもあります。
マネージャーは比較的苦労が多い役職であり、自身が仕事で悩むことも珍しくはないでしょう。

確かにマネージャーは大変ですが、それだけやりがいの大きな仕事です。
何より自分の手腕が給与に反映されやすいポジションであり、キャストから信頼されるようになれば、敏腕マネージャーとして高収入を得ることも可能です。