礼儀作法や上下関係が大切!キャバクラのボーイの人間関係

ボーイの仕事は礼儀が求められる

キャバクラのボーイの仕事は厳しいと言われますが、その理由には厳しい礼儀と上下関係があります。
ボーイには礼儀が求められるほか、しっかりと上下関係を意識した振る舞いをしなくてはいけません。

誰かを見下したり、反抗的な態度を取ったりすると、お店での立場も危うくなりがちです。
働くならば、常に礼儀を持って仕事を行う必要があるでしょう。

キャバクラで働く上で大切な礼儀作法

キャバクラで働く場合、最低でも以下の点に気を付けましょう。

・先輩の言うことをしっかり聞く
・見下さない
・嫌味を言わない

上下関係が厳しいボーイにとって、先輩の言うことは重要です。
また、他のボーイを見下す行為や嫌味を言うことは自身の首を締めることに繋がります。

先輩の言うことは聞くように

入店すると、先輩のボーイから様々な仕事を教えてもらえますが、言うことはしっかりと聞いて守ることが大切です。
それが最低限の礼儀であり、上下関係を守る上で欠かせないマナーとなっています。

仮に反抗的な態度を取ると、先輩のボーイに嫌な顔をされてしまうでしょう。
お店での人間関係にも影響しますので、言われたことはしっかりこなすことが大切です。

見下すような行為は原則としてNG

また、上下関係が絶対のキャバクラでは、誰かを見下す行為や嫌味はNGです。
礼儀に反してしまいますし、もしほかのキャストの耳に入ったとすれば、お店での信頼を失うことにも繋がるでしょう。

時にはイライラすることもありますが、誰に対しても礼儀を持って対応することが大切です。
今後の昇進を見据えると、こうした行為は避けるようにしましょう。

ボーイは上下関係が厳しく上手くやれば昇進にも繋がる

キャバクラでのボーイの立場は下のほうにありますが、特に入店間もない頃はその傾向が顕著です。
しかし、上下関係が厳しいからこそ、お店で上手に振る舞えば昇進ペースも早くなります。

ボーイの昇進スピードは他のキャストの信頼度も影響しています。
お店で信頼されるようになれば昇進も早まり、すぐにマネージャーや店長に抜擢されることもあります。
管理人の僕が昇進が早かったのは、人間関係が良好だったのも影響していると思います。
店長になって思いますがやっぱり、仲がよく気に入っている人間を押したくなるものです。

ボーイ同士は仲が良くなりやすい

上下関係は厳しいものの、ボーイ同士の仲が良いお店は少なくはありません。
やはり同性同士というのもありますが、普段の仕事を通じて仲良くなりやすいのも特徴です。
お店で仲が良いボーイができれば、その都度フォローも行ってくれますし、たとえ上下関係が厳しくても働きやすくなるでしょう。